南蛮漬け(糖尿食性腎症) 599Kcalの献立 7.3単位の例

表1 表2 表3 表4 表5 表6 調味料 合計
3.3 0.2 1.6 0.0 0.8 0.5 0.9 7.3
品目 食塩相当量
玄米ごはん 0.0g
鶏の南蛮漬け 0.7g
拌三糸 0.3g
なすみそかけ 0.5g
カルピス羹いちじく添え 0.0g
g
g
g
g
g
食塩相当量 合計 1.5g
20110905糖尿食性腎症

表1

玄米ご飯150g(3単位)、小麦粉3g(0.1単位)、緑豆春雨4g(0.2単位)使います。

表2

いちじく30g(0.2単位)使います。

表3

鶏もも50g(1.6単位)使います。

表4

間食として1日のうちに摂りましょう。

表5

鶏の南蛮漬けの油3g、拌三糸のごま油1g、なすのみそかけの油4g、全部で0.8単位。

表6

玉ねぎ25g、人参10g、青ねぎ2g、ブロッコリー20g、赤ピーマン3g、胡瓜30g、なす50g、野菜は全部で140g(0.5単位)です。

調味料

鶏の南蛮漬け、拌三糸、カルピス羹いちじく添えの甘味料は、マービーを使用して糖尿食と感じない普通味の甘さとしています。

食塩相当量

鶏の南蛮漬けの塩分は0.7g、拌三糸の塩分は0.3g、なすのみそかけの塩分は0.5g、塩分は合計 1.5g。

作り方

【作り方】

玄米ご飯
(1)玄米は洗って一晩水につけておくと、米の重さの1.7倍の水で普通に炊飯器で炊けます。

鶏の南蛮漬け
(1)鶏肉は小麦粉をまぶし、余分な粉をはたきフライパンに油を入れ、きつね色に焼きます。
(2)調味料をあわせ、焼きたての鶏肉を漬け込みます。
(3)人参、玉ねぎは千切りしてサッと熱湯にくぐらせて水にさらし、ザルにあげて(2)に漬け込む。
(4)器に鶏肉を食べやすくスライスして盛り、野菜を上に乗せ青ネギを添える。
(5)ブロッコリーと赤ピーマンは茹でて、水にさらし添える。

拌三糸
(1)緑豆春雨は熱湯に入れてしばらく置き、5cmの長さに切っておく。
(2)人参は細切りして、ボイルしておく。
(3)胡瓜は熱湯にさっと入れて水で冷ましておく。
(4)合せ酢を作り、(1)(2)(3)を和えごま油を入れ香りをつける。
なすみそかけ
(1)なすは2cm幅の輪切りに切り、水にさらしておく。
(2)枝豆は茹でる。
(3)フライパンを温めサラダ油を入れなすの両面を焼く。
(4)みそ、料理酒、上白糖、おろし生姜、水を混ぜ合わせ、レンジで1分加熱し(500W)タレをつくる。
(5)(3)のなすにみそタレをかけて、枝豆を上に飾る。

カルピス羹いちじく添え
(1)粉寒天にマービーと水を入れ火にかけて、1~2分沸騰させ、最後にカルピスを入れ火を止める。
(2)(1)のあら熱をとって、冷やし固め2cmの角切り。
(3)いちじくは皮をむき4つに切り(2)に飾りミントを添える。

献立考案:(社)徳島県栄養士会 賀川義光

南蛮漬け(糖尿食性腎症)