食べやすいお年寄りの糖尿食 500Kcalの献立 6.3単位の例

表1 表2 表3 表4 表5 表6 調味料 合計
2.4 0.4 1.8 0.0 0.5 0.7 0.5 6.3
品目 食塩相当量
軟らか五目すし 0.9g
カレイの煮付け 0.3g
冬瓜とカニ棒薄くずあん 0.5g
キャベツの白和え 0.4g
オレンジ 0.0g
g
g
g
g
g
食塩相当量 合計 2.1g
20110805食べやすいお年寄りの糖尿食

表1

五目すしに米は50g(2.2単位)里芋30g(0.2単位)片栗粉少々。
合計2.4単位使います。

表2

オレンジ60g(0.4単位)使います。

表3

五目すしに竹輪5g(0.1単位)油揚げ7.5g(0.4単位)卵15g(0.3単位)使います。
カレイ煮付けのカレイは50g(0.6単位)使います。
カニ風かまぼこ15g(0.2単位)白和えの豆腐20g(0.2単位)使います。
合計(1.8単位)

表4

乳製品は朝食または、間食として取りましょう。

表5

サラダ油2g(0.2単位)白ごま4g(0.3単位)合計0.5単位使います。

表6

五目すしに大根30g、人参10g、きぬさや10g、カレイ煮付けに人参10g、オクラ20g、冬瓜とカニ棒薄くず煮の冬瓜70g、人参10g、キャベツ白和えのキャベツ30g、人参3g使っています。
野菜は全部で193g(0.6単位)です。

調味料

五目すしの調味料は塩0.3g、酢7g、淡口醤油2g、和風だし0.3gで甘みはマービーで味付けします。 カレイ煮付けは濃口醤油1gと、料理酒4gとマービーで味付けます。 冬瓜とカニ棒薄くず煮は、淡口醤油0.7gとみりん1g、かつおだしを使っています。 キャベツ白和えの味噌3g使用します。 甘味はマービーを使用しますので、普通食と変わらない甘味のある料理が食べれます。 調味料は0.3単位。

食塩相当量

五目すしのすしご飯に食塩0.3g、具の味付けに淡口しょうゆ2g(食塩相当量0.3g)ちくわ(食塩相当量0.1g)和風だし0.3g(食塩相当量0.1g)とろみん1.5gに(食塩相当量0.1g)カレイ煮付けのカレイに(食塩相当量0.2g)濃口醤油1g(食塩相当量0.1g)冬瓜とカニ棒薄くず煮の淡口醤油0.7g(食塩相当量0.1g)和風だし0.3g(食塩相当量0.1g)カニ棒15g(食塩相当量0.3g)キャベツ白和えの味噌3g(食塩相当量0.4g)含まれています。
食塩合計2.1g。
  

作り方

【作り方】

軟らか五目すし
(1)すし飯は米の1.7倍の水で軟らかく炊き、甘味料のマービーを使用すると お年よりに好まれる五目すしも糖尿食として食べて頂けます。すし具は食べ易い大きさに切り、調味料を入れ煮汁がなくなるまで煮詰めます。すし飯を合わせるとき、とろみ剤を20倍の水で溶き、具とともに混ぜると、喉ごしのよい軟らか五目すしができます。

カレイの煮付け
(1)オクラは小口切り、人参はスプーンで食べ易いおおきさの細切りに切ります。
(2)材料の8割の水でカレイ、人参、オクラを煮ます。

冬瓜とカニ棒薄くず煮
(1)冬瓜は1.5cm切り軟らかく茹でます。
(2)カニ棒はほぐしておきます。
(3)だし汁に調味料を入れカニ棒を煮て、片栗粉でとろみを付けます。
(4)器に冬瓜を盛り(3)のカニ棒を煮汁とともに盛り付けます。

キャベツの白和え
(1)キャベツは色紙切り、人参は線切り、じめじは1cmくらいに切り、柔らかく茹でます。
(2)豆腐は茹でて水を良く切って、冷ましておきます。
(3)豆腐に白すりごま、マービー、みそを入れ良く混ぜておきます。
(4)(1)の野菜と(3)の豆腐を混ぜ合わせます。

オレンジ
(1)食べ易く切ります。

献立考案:(社)徳島県栄養士会 小川美智恵・新居静枝・前田佳代

食べやすいお年寄りの糖尿食