鮭ごはん 570Kcalの献立 7.1単位の例

表1 表2 表3 表4 表5 表6 調味料 合計
4.1 0.4 1.5 0.0 0.3 0.6 0.2 7.1
品目 食塩相当量
鮭ごはん 1.0g
里芋のそぼろ煮 0.5g
柚しめじ 0.3g
かぶ甘酢和え 0.5g
りんご・キウイ 0.0g
g
g
g
g
g
食塩相当量 合計 2.3g
20100305鮭ごはん

表1

鮭ごはんに、ごはん170g(3.6単位)、里芋のそぼろ煮に里芋70g(0.5単位)グリンピース3g(0.04単位)を使います。
合計4.1単位

表2

りんご30g(0.2単位)とキウイ30g(0.2単位)
合計0.4単位

表3

鮭ごはんに鮭30g(0.5単位)、卵30g(0.6単位)、しらす干し5g(0.1単位)、里芋のそぼろ煮に鶏ひき肉15g(0.3単位)を使います。
合計1.5単位

表4

表5

鮭ごはんのいり卵に炒め油1g(0.1単位)使います。
里芋そぼろ煮にいため油2g(0.2単位)使います。
合計0.3単位

表6

鮭ごはんに野沢菜漬け30gと、甘酢和えにかぶ50g、きゅうり15g、にんじん7gと柚しめじにほうれん草80g、かぶ30g、しめじ20gを使います。野菜は合計232g。
合計0.6単位

調味料

里芋そぼろ煮にみりん3g小さじ1/2、砂糖1g小さじ1/3、甘酢和えに砂糖1g小さじ1/3、酢3g小さじ1/2、柚しめじにみりん2gと柚子酢2g各小さじ1/2弱を使います。 合計0.2単位

食塩相当量

鮭ごはんの鮭に塩0.3g使い、野沢菜塩漬に0.5gとしらす干しに0.2gの塩分が含まれています。
里芋のそぼろ煮に薄口醤油3g小さじ1/2(塩分相当量0.5g)、甘酢和えに薄口醤油1g(塩分相当量0.2g)使います。
柚しめじに薄口醤油2g(塩分相当量0.3g)使います。
合計2gになります。

作り方

【作り方】
 
鮭ごはん
1.ごはんは普通に炊きます。
2.鮭はうすく塩をして、焼いてほぐします。
3.野沢菜漬けは1cm位に刻み、卵は炒り卵にします。
4.ごはんにしらす干しと、(2.)(3.)の材料を混ぜ合わせ器に盛り、刻み海苔を飾ります。
※鮭を焼いた香ばしさと野沢菜漬けの塩味がポイントです。
 
里芋のそぼろ煮
1.里芋は大きめに切りさっと茹でておく。
2.鍋にサラダ油を熱し、鶏ミンチを炒め、火が通ったら(1.)を入れ炒めます。
3.(2.)にだし汁と調味料を入れ竹串が通るくらいまで煮ます。
4.器に盛りグリンピースを散らします。
※里芋は芋類の中でもカロリーが低く冬は特においしいです。
 
柚しめじ
1.ほうれん草は茹でて3cmに切ります。
2.かぶらは短冊切りにし塩少々でしんなりさせ、しめじは小房に分け茹でます。
3.(1.)~(3.)を調味料で和え器に盛り、細切りした柚子皮を飾ります。
※柚子酢の香りで薄味でもおいしくいただけます。
 
かぶの甘酢和え
1.かぶら、人参はいちょう切り、きゅうりは小口切りにします。
2.(1.)を塩少々でもんでしんなりしたら、水で流して水気を絞ります。
3.調味料を合わせ(2.)を和え器に盛ります。
 
フルーツ
1.りんごを飾切りにし、キウイと一緒に盛り付けます。

献立考案:(社)徳島県栄養士会 津川元美

鮭ごはん