すき焼き風煮 500Kcalの献立 6.3単位の例

表1 表2 表3 表4 表5 表6 調味料 合計
3.5 0.0 1.8 0.0 0.2 0.5 0.3 6.3
品目 食塩相当量
ごはん 0.0g
すき焼き風煮 0.6g
茄子のごま酢和え 0.2g
里芋の田楽 0.4g
すまし汁 0.4g
g
g
g
g
g
食塩相当量 合計 1.6g
20100120すき焼き風煮

表1

ごはん150g(3単位)
里芋の田楽に里芋50g(0.5単位)、すまし汁にあられ麩1g(0.01単位)使います。
合計3.4単位です。

表2

間食に果物を1単位食べてください。

表3

すき焼き風煮に、牛肉もも脂身なし50g(1単位)、焼き豆腐30g(0.3単位)、里芋の田楽に平天10g(0.2単位)を使います。
すまし汁に卵15g(0.3単位)使います。
合計1.8単位です。

表4

間食に乳製品を食べてください。

表5

茄子のごま酢和えにごま2g(0.2単位)使います。

表6

すき焼き風煮に白菜80g、糸こんにゃく30g、えのき15g、春菊20g、人参20g使います。
茄子のごま酢和えに茄子40g、人参10g使います。
里芋の田楽に絹さや10g、すまし汁に生わかめ2g使います。
合計0.5単位です。

調味料

すき焼き風煮に砂糖3g、濃口醤油4g使います。 里芋の田楽に味噌2g、砂糖2g使います。 調味料は合計0.3単位です。

食塩相当量

すき焼き風煮に、濃口醤油4g(食塩相当量0.6g)、茄子のごま酢和えに薄口醤油1g(食塩相当量0.2g)、里芋の田楽に味噌2g(食塩相当量 0.2g)、すまし汁に塩0.1g、薄口醤油2g(食塩相当量0.4g) 。
食品では平天10g(食塩相当量 0.2g)。
食塩相当量は合計1.6gになります。

作り方

【作り方】
 
ごはん
(1)ごはんは普通に炊きます。
 
すき焼き風煮
(1)白菜は大きめのざく切り、人参は輪切り、えのきと春菊は3cmの長さに切ります。
(2)牛肉はこま切れ、焼き豆腐は約10分の1に切り、糸こんにゃくは食べやすい長さに切ります。
(3)鍋に牛肉を入れ軽く炒めます。人参はさっと茹でておきます。
(4)その他の材料を並べて炒れ、調味料を合わせて煮付けます。
(5)ごちゃごちゃにせずに1品ずつ盛り付けます。
※お肉は赤身の部分を使用することで、カロリーを減らせます。
※深いお鍋より、フライパンを使用すると別盛りの煮付けがしやすいです。
 
茄子のごま酢和え
(1)茄子は3cmの短冊に切ります。
(2)人参は3cmの千切りにします。
(3)野菜を茹でます。
(4)調味料とごまと合わせて盛り付けます。
 
里芋の田楽
(1)冷凍の里芋はだし汁で茹でておきます。
(2)平天は切って、絹さやはすじを取ってさっと茹でておきます。
(3)田楽味噌を作ります。
(4)里芋、平天、絹さやを盛り付け、上から味噌をかけます。
 
すまし汁
(1)わかめは洗って食べやすい大きさに切っておきます。
(2)鍋にだし汁を入れ、沸いてきたら割りほぐした卵を入れてかき玉にします。
(3)わかめとあられ麩が入ったお椀にかき玉汁を入れて盛り付けます。

献立考案:(社)徳島県栄養士会 下谷奈津子

すき焼き風煮