サイト案内 | お問い合せ | 個人情報保護方針 | コンプライアンス体制の整備に関する基本方針
 




全国国民健康保険組合協会
日本医師会
徳島県医師会
北海道医師国民健康保険組合
京都府医師国民健康保険組合
岡山県医師国民健康保険組合






 生活習慣病予防のために
 糖尿病、高血圧症、脂質異常症などの生活習慣病が増えています。
 これらは、食生活の見直し適度な運動などで予防できることが分かってきています。
 このような背景のもと、平成18年の医療制度改革において、平成20年4月から健康保険組合、国民健康保険などに対し、40歳以上の加入者を対象としたメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目した健康診査(特定健康診査)および保健指導(特定保健指導)の実施が義務付けられることになりました。
 本制度に伴い、本組合においても特定健診と従来より実施しております外来総合健診を下記文書の通り実施することとなりました。
 これにより外来総合健診の「しっかりコース」を受診していただくと、特定健診の受診としていただけます。

尚、特定健診と外来総合健診を重複しての受診はできませんのでご留意ください。

 特定健診

基本的な検診項目 ○質問票(服薬暦・喫煙暦等)○身体計測(身長・体重・BMI・腹囲)
○血圧測定○理学的検査(身体診察)○検尿(尿糖・尿蛋白)
○血液検査
・脂質検査(中性脂肪・HDLコレステロール・LDLコレステロール)
・血糖検査(空腹時血糖またはHbA1c)
・肝機能検査(GOT・GPT・γ−GTP)
詳細な健診の項目 ※一定基準の下、医師が必要と認めた場合に実施
○心電図○眼底検査○貧血検査(赤血球・血色素量・ヘマトクリット値)
実施期間 8月1日 〜 12月31日


 特定保健指導

 特定健康診査の結果から、生活習慣病の発症リストが高く、生活習慣の改善による生活習慣病の予防効果が多く期待できる方に対して、生活習慣を見直すサポートをします。
 特定保健指導には、リスクの程度に応じて、動機付け支援と積極的支援があります。(よりリスクが高い方が積極的支援になります)


 外来総合健診(ドック健診)

健診場所 徳島市蔵本町1丁目10番地3 【財団法人 徳島県総合健診センター】
実施期間 10月1日 〜 12月19日 (※下記詳細)
対象者 医師国保加入の被保険者【組合員及び家族、従業員で満40歳以上の方】
負担額  第1種組合員(負担額なし)・家族・第2種組合員(1割負担)

検診項目
問診
診察  聴診・視診・触診・打診 等
身体計測  身長・体重・BMI 等
生理学的検査  視力・聴力・血圧測定
 心電図検査
 眼底検査
 眼圧検査
 肺機能検査
X線検査等  胸部X線検査(2方向)
 胃部X線検査(胃カメラとバリウムの選択になります)
超音波検査  腹部超音波検査
 表在超音波検査
尿検査  糖・蛋白・潜血・ウロビリノーゲン
 沈査 等
便検査  ヘモグロビン検査(二日法)
血液検査  赤血球数・色素沈量・Ht・血小板数・白血球数
 HCV・MCH・MCHC 等
生科学検査  中性脂肪・HDLコレステロール・LDLコレステロール
 GOT・GPT・γ-GTP・血糖・総コレステロール
 ALP・LDH・総ビリルビン・コリンエステラーゼ・尿酸
 総蛋白・アルブミン・血清アミラーゼ・クレアチニン 等
免疫学的検査  HBs抗原・HCV抗体・CRP・ヘリコバクター・ピロリー抗体
 ペプシノーゲン検査 等
レディース健診
(セット健診)
 骨塩定量検査
 子宮細胞診検査
 乳腺・甲状腺健診(視触診)
 マンモグラフィ(1方向又は2方向)
前立腺  PSA



サイト案内 | お問い合せ | 個人情報保護方針 | コンプライアンス体制の整備に関する基本方針
Copyright © 徳島県医師国民健康保険組合 All Rights Reserved.