徳島県医師会 トップページへ

  • 文字サイズ標準
  • 文字サイズ拡大
文字サイズ変更について
県民の皆さまへ

【質問】 目の開き方が違い悩む

 就職活動をしている20代の学生です。子どものころからまぶたにコンプレックスがあり、悩んでいます。左右の目の開き方が違い、左目が腫れぼったく見えて、いつも疲れているような印象を与えてしまいます。就職や結婚など将来のことを考えると、左右の目のバランスを整え、顔全体の表情が明るく見えるように美容整形手術を受けたいと思っています。どのような手術で、時間や費用はどのくらいかかるでしょうか。



【答え】 まぶたの美容外科 -埋没・切開で左右差少なく-

喜多美容形成外科 院長 喜多孝志(徳島市東山手町3丁目)

 まぶた(眼瞼(がんけん))の美容外科手術で最も多いのは、二重まぶたにする手術です。一重まぶたや奥二重の人が、ぱっちりとした二重まぶたになると、表情が明るく見えます。

 ご質問では、左右の目の開き方が違い、左目が腫れぼったく見えるとのことですが、その原因や状態によって対処方法が異なります。

 左右で目の開き方が違うのが、まぶたの下垂によるものなら眼瞼下垂症の手術を検討します。眼瞼下垂症の手術は、まぶたの皮膚を切開しての手術となります。

 下垂の程度が軽ければ、二重まぶたの手術をすることで左右の差を目立たなくすることもできます。左右の目が全く同じという方はいませんし、手術で左右を全く同じ目にすることはできませんが、左右の差を目立たなくすることは可能です。

 二重まぶたの手術には、切らない「埋没法」と、皮膚切開を行う「部分切開法」「全切開法」があります。

 埋没法は、まぶたの中に糸をかけて、皮膚と瞼板(まぶたの裏側にあるやや硬い組織)または眼瞼挙筋(まぶたを開ける筋肉)などとを固定し、二重まぶたにする方法です。糸のかけ方は医師によって違います。埋没法は切開する方法に比べて腫れが少なく、傷跡もほとんど目立ちませんが、二重まぶたが元に戻ってしまうことがあります。しかし、埋没法は抜糸すれば元に戻すことも可能で、二重の幅の修正も容易ですから、最初は埋没法による手術をお勧めします。

 ただ、埋没法は切開する方法に比べて少ないとはいえ術後に腫れもあり、まれに内出血を起こしたり、糸の周囲に感染があると膿瘍(のうよう)を形成したりすることがあります。また、非常にまれですが、糸が切れたときにまぶたの裏側に出て、抜糸が必要になることもあります。

 腫れぼったいまぶたで、皮膚に厚みがあり眼窩(がんか)脂肪が多い方は、埋没法では二重まぶたにできないこともあります。腫れぼったく見えるのが、まぶた奥の眼窩脂肪の多さが原因の場合は、小さな切開で脂肪を取って二重まぶたにする部分切開法の手術で目立たなくすることができ、すっきりした感じになります。

 手術時間は、埋没法は15~30分、部分切開法は30分~1時間ほどです。

 美容外科手術は健康保険が使えませんので、費用は施設によって違いますが、埋没法で6~8万円、部分切開法で16万円ほどかかります。

 美容外科手術をすることでコンプレックスを解消し、自信を持って生活することができるかもしれません。二重まぶたの大きさなど、手術の前にご自身の希望を伝え、担当医師から手術内容の説明をよく聞いてから決断してください。

徳島新聞2012年3月18日号より転載

  • 感染症について
  • 研修医募集のお知らせ
  • 広報出版物
  • 東日本大震災に関する情報
  • 徳島県医師会は混合診療解禁に反対です
  • 徳島県医師会公益通報窓口について
  • 健康事業所宣言をし、認定を受けました。
© TOKUSHIMA MEDICAL ASSOCIATION.