徳島県医師会 トップページへ

  • 文字サイズ標準
  • 文字サイズ拡大
文字サイズ変更について
県民の皆さまへ

【質問】 前立腺肥大症治療薬で勃起不全

 私は66歳の男性ですが、前立腺(せん)肥大症のため、約6カ月間、病院で服薬治療をしました。現在はほとんど回復しています。そのためか勃起(ぼっき)しなくなりました。そこで、一度、バイアグラの力を借りたいのですが、前立腺肥大症でも、バイアグラを使用して大丈夫でしょうか。



【答え】 バイアグラの使用 -医師の診断受け服用-

小倉診療所 院長 小倉邦博(徳島蔵本町2丁目)

 1960年代からの“性の解放”は、さながら若者たちの特権でしたが、バイアグラの発売を契機に、中・高年の男性にも恩恵をもたらしました。しかしながら、死に至る危険性が週刊誌などで報じられ、期待と不安が入り交じっているのが現状かと思います。

 質問の男性は、前立腺肥大症治療薬による薬物性勃起不全と推測されます。前立腺肥大症の抗男性ホルモン療法は、前立腺腺腫(しゅ)を縮小させ、排尿障害を改善する非常に有効な治療法ですが、副作用として勃起不全が生じます。

 その他、薬による勃起不全は向精神薬、高血圧治療薬、胃腸薬の一部に認められます。これらの薬による勃起不全の兆候が現れたら、薬剤の中止や他剤への変更を行います。休薬による改善が3~6カ月間認められないときは薬物性勃起不全と診断され、専門医の検査が必要となります。

 勃起不全の検査は▽自覚的性機能▽他覚的性機能▽性機能関連ホルモンの変動-などを測定します。その結果によって<1>機能的原因(心因性)<2>器質的原因(陰茎・血管性)<3>混合型-などに分類されます。

 治療法として、機能的勃起不全には心理療法と薬物療法を行い、器質的勃起不全は主に手術療法が適用されます。混合型勃起不全は、これらすべての治療法が試みられます。勃起不全の心理療法は、精神科医によるカウンセリングが基本となります。薬物療法は陰茎海綿体内注射と経口剤に大別されますが、ここでは経口剤として安全性が高く、従来の薬物よりも効果の確実なバイアグラについて解説します。

 バイアグラには、海綿体内平滑筋を緩ませ、性的刺激後の勃起を起こす作用とともに血管拡張作用があります。すべての型の勃起不全に対して70%以上の勃起効果が認められているのが特徴です。

 一方、副作用も頭痛、顔面紅潮、消化不良などが25%くらい報告されています。特に、狭心症などの心臓疾患で、硝酸剤やニトログリセリンなどによる治療を受けている場合は、バイアグラとの併用により降圧作用が増強され、死に至る重篤な副作用が報告されています。服用は適正に、細心の注意を払って行ってください。

 前立腺肥大症治療中のバイアグラ併用に関する17例の文献報告によれば、排尿困難などの症状の悪化もなく、十分勃起力も保持できています。質問の男性もバイアグラの服用で、勃起不全は十分改善されると思われます。

 さらに、バイアグラ服用の際には、パートナーの協力がぜひとも必要で、よりよい性生活をともに享受することが大切だと思います。

 最後に、バイアグラの入手方法について簡単に説明します。要指示生活改善薬として認可されたため、医師の診断を受けなければなりません。

 統一された形式はありませんが、一般身体検査、性機能検査、心電図検査、血液検査などにより、心臓病、糖尿病などの身体状況と勃起障害の程度を診察し、その後、服薬指導を行います。費用はすべて自費となります。その他詳細は各医療機関に問い合わせてください。

徳島新聞1999年5月16日号より転載

  • 感染症について
  • 研修医募集のお知らせ
  • 広報出版物
  • 東日本大震災に関する情報
  • 徳島県医師会は混合診療解禁に反対です
  • 徳島県医師会公益通報窓口について
  • 健康事業所宣言をし、認定を受けました。
© TOKUSHIMA MEDICAL ASSOCIATION.