朝ごはん 630Kcalの献立 7.1単位の例

表1 表2 表3 表4 表5 表6 調味料 合計
4.3 0.5 1.0 0.0 0.6 0.3 0.4 7.1
品目 食塩相当量
ごはん 0.0g
厚焼き卵 0.2g
ほうれん草のゆずしょうゆ和え 0.3g
切り干し大根の炒め煮 0.9g
じゃが芋の味噌汁 0.4g
g
g
g
g
g
食塩相当量 合計 1.8g
20100205朝ごはん

表1

ごはん200g(4単位)、じゃが芋の味噌汁にじゃが芋30g(0.3単位)を使います。
合計4.3単位です。

表2

ほうれん草のゆずしょうゆ和えにゆずの皮2gを使います。
みかん100g(0.5単位)です。合計0.5単位です。

表3

厚焼き卵に卵1個50g(1単位)を使います。

表4

間食に乳製品を食べてください。

表5

厚焼き卵に油4g(0.4単位)を使います。
切り干し大根の炒め煮に油2g(0.2単位)を使います。
合計0.6単位です。

表6

ほうれん草のゆずしょうゆ和えに、ほうれん草40gを使います。
切り干し大根に炒め煮に、切り干し大根10g、にんじん20g、椎茸10gを使います。
じゃが芋の味噌汁に、ねぎ3gを使います。
合計0.3単位です。

調味料

厚焼き卵に、砂糖3g、酒3gを使います。 ほうれん草のゆずしょうゆ和えに、濃口しょうゆ2gを使います。 切り干し大根の炒め煮に、濃口しょうゆ5g、砂糖3gを使います。 じゃが芋の味噌汁に、味噌5gを使います。 合計0.4単位です。

食塩相当量

厚焼き卵の卵50g(食塩相当量0.2g)。
ほうれん草のゆずしょうゆ和えの濃口しょうゆ2g(食塩相当量0.3g)。
切り干し大根の炒め煮の切り干し大根10g(食塩相当量0.1g)、かつおだし汁50g(食塩相当量0.1g)、濃口しょうゆ5g(食塩相当量0.7g)。
じゃが芋の味噌汁のかつおだし汁100g(食塩相当量0.1g)、味噌5g(食塩相当量0.3g)。
食塩相当量の合計は1.8gです。

作り方

【作り方】
 
ごはん
1.ごはんは普通に炊きます。
 
厚焼き卵
1.卵を割り、砂糖と酒を加え混ぜます。
2.フライパンに油を熱し、厚焼き卵を作ります。
 
ほうれん草のゆずしょうゆ和え
1.ほうれん草はたっぷりの湯でゆで、水けを絞り3?ぐらいに切ります。
2.だし汁としょうゆを合わせて、ほうれん草を和えます。
3.(2.)を器に盛って、上にゆずの皮のせん切りをのせます。
※かつおだしの風味やゆずの香りで、しょうゆの量を減らすことができ、減塩できます。   
 
切り干し大根の炒め煮
1.切り干し大根は水で戻し、水けを絞り、食べやすい長さに切ります。
2.人参と椎茸は、せん切りにします。
3.なべに油を熱して(1.)(2.)を炒め、だし汁としょうゆ、砂糖を加え、やわらかくなるまで煮ます。
※前日に作っておくと、味がよくなじみます。
 
じゃが芋の味噌汁
1.じゃが芋は皮をむいて、拍子切りにします。
2.だし汁にじゃが芋を入れてさっと煮、火が通ったら味噌をとき入れます。
3.椀に盛り、ねぎを散らします。
※だし汁を150g(食塩相当量0.2g)と、味噌を8g(食塩相当量0.5g)にすると、食塩相当量は0.7gになります。

献立考案:(社)徳島県栄養士会 大西利香

朝ごはん