徳島県医師会 トップページへ

  • 文字サイズ標準
  • 文字サイズ拡大
文字サイズ変更について
県民の皆さまへ

 【質問】飛蚊症などで気分が悪い
 
 相談室徳島県医師会飛蚊症などで気分が悪い
 
 60代前半の女性です。最近、右目に蚊のようなものが飛んでいるように見えたり、暗い場所で黄色い光が見えたりします。眼科の検査では異状がなく、様子を見るように言われたのですが、いつも気分が悪く、何もする気が起きません。治す方法はないのでしょうか。
 

 川原眼科 川原弘先生

 【回答】網膜が無事なら経過観察
 
ご質問の状態は、後部硝子体剥離によるものだと思われます。これは、大型で色の濃い「飛蚊症」と目の外側(耳の方)に光が走るのを特徴とします。60代前半によくみられ、近視が中等度以上ある人は50歳くらいでも起こります。また白内障の手術を受けた場合には、1年以内に出現することもあります。

 ここで、まず飛蚊症について説明します。蚊が飛んでいるように見えるという意味ですが、実際には糸くず、水玉、カエルの卵、アメーバ、黒いすす、輪などのようなものが見えることがあります。黒いものから透明なものまで色もさまざまで、数も1個から数個、時に多数のこともあります。これらのものは目を動かすと、ふわっとした感じで一緒に動いて見えます。

 飛蚊症は、多くは眼球の硝子体に濁りができたために起こる症状です。硝子体は卵の白身のようなもので細かい無数の無色透明な繊維からできていますが、年齢とともに濁ってくることが割合あります。他の原因としては、ブドウ膜炎、硝子体出血などのこともあります。

 本来硝子体は網膜に軽く癒着しているものです。しかし、60歳くらいになると人によっては硝子体の中の水分が徐々に抜けて量が少なくなります。そうなると硝子体の収縮が強く起こり前方に移動するために、硝子体が眼底から浮き上がってしまう場合があります。これが後部硝子体剥離です。このときには前述の大型で色の濃い飛蚊症や光を感じます。

 後部硝子体剥離による飛蚊症や光は生理的な現象なので、それを抑える薬や手術は残念ながらありません。眼科を受診し、眼底検査で網膜裂孔や網膜剥離がなければ経過観察で大丈夫かと思われます。

 気分がいいものではないですが、飛蚊症や光はゆっくり減ることもあるので、あまり神経質にならずに今まで通りの生活を続けてください。

 問題なのは、網膜裂孔や網膜剥離です。まれに網膜と硝子体の癒着の強い部分では、硝子体に引っ張られて網膜に穴が開いてしまうことがあります。これが網膜裂孔です。さらに放置すると、裂孔から液体状になった硝子体が網膜の後ろに入り込み、網膜剥離という怖い病気になります。

 網膜剥離は入院・手術しか治療方法がありません。しかし網膜裂孔の時期に発見できると、光凝固療法(レーザー)という、外来で行える治療方法によって網膜剥離を防ぐことができます。

 従って飛蚊症を自覚したら、なるべく早く眼科を受診し、精密検査を受け、放置しておいてよいものかどうか診てもらうことが大切です。特に60歳前後で突然飛蚊症を自覚した場合には、後部硝子体剥離の有無、それによって生じる可能性のある病気、特に網膜裂孔の有無をチェックしてもらうことが大切であると思われます。

  • 感染症について
  • 研修医募集のお知らせ
  • 広報出版物
  • 東日本大震災に関する情報
  • 徳島県医師会は混合診療解禁に反対です
© TOKUSHIMA MEDICAL ASSOCIATION.