徳島県医師会 トップページへ

  • 文字サイズ標準
  • 文字サイズ拡大
文字サイズ変更について
糖尿病の方、糖尿病予備軍の方でも加入できる「糖尿病保険」ご案内します。[エクセルエイド少額短期保険のホームページが開きます]※全国どこからでもネットでお申込みできます。
健康経営優良法人2020の認定を受けました。
ホール・研修室、ご利用いただけます!新会館ホール・研修室等をレンタルいただけるようになりました。詳しくはお気軽にお問い合わせください。

【答え】 変形性頚椎症 -温熱・運動療法など原則-

中谷医院 中谷 哲也(名西郡神山町神領)

 質問から判断すると、最も考えられる病名は、整形外科領域では変形性脊椎症(せきついしょう)の頚部脊椎症(変形性頚椎症)と考えられます。

 変形性頚椎症とは、加齢により椎間板軟骨を中心に椎体、靭帯(じんたい)、関節に退行性変化(年齢による変化)が生じ、さらに長い間に椎体の辺縁に骨棘形成(こっきょくけいせい)、靭帯の肥厚が生じる状態のことです。

 変形性頚椎症には、神経症状の伴わない頭頚部痛、肩こり、頚(くび)の運動制限・運動痛などの症状を呈する頚椎症、頚部・肩部・上肢の自発痛、放散痛、上肢の知覚障害、筋萎縮(きんいしゅく)等症状を呈する頚椎症性神経根症、四肢末しょうのシビレ感、手指の巧緻(こうち)運動障害、歩行障害を呈する頚椎症性脊髄症があります。また頚椎症で後頚部交感神経系が刺激されると、目まい、頭痛、吐き気、耳鳴りなどの自律神経失調の症状を合併するバレリュー症候群があります。

 診断は自覚症状に他覚所見を含む臨床所見に画像所見を併せて行います。画像ではX線像で頚椎の配列(姿勢)、椎間腔(くう)・孔狭小(こうきゅうしょう)、椎体縁の骨棘形成、不安定性やすべりを調べます。MRIでは、椎間板の変化、頚椎変形による脊柱管狭窄(せきちゅうかんきょうさく)、頚髄の圧迫所見、髄内変化や萎縮、神経根の圧迫の有無を調べます。

 実際に診察してみないと、はっきりとしたことは述べにくいのですが、年齢、症状経過、MRI所見より、変形性頚椎症のバレリュー症候群と思われ、この疾患は保存的治療が原則となります。症状や経過に応じて外来治療で十分なことが多いですが、効果が一時的な場合や無効の時は入院治療も必要です。保存的療法で効果があっても、短期間に再発を繰り返すか、明らかな神経障害が認められるような場合は手術療法を行うこともあります。

 質問者の場合、明らかな神経障害も認められず、時間の経過とともに症状は軽快しているように感じ、手術の適応はないと考えます。ただ症状が慢性化し不安感があるようなので、いま一度、主治医とよく話し合ってみてはどうでしょうか。いずれの病気でもそうですが、信頼関係がなければ、いかに立派な治療法でも効果が半減します。

 また、脳への障害を心配されているようですが、一般に変形性頚椎症で脳への影響はないと思います。ただ、頭部の回旋など頚部の運動により、目まい、浮遊感、耳鳴り、眼前暗黒、失神発作、全身の脱力など、椎骨脳底動脈系の血行不全によると思われる症状(椎骨脳底動脈症)が出現することがまれにあります。詳しくは脳外科・整形外科専門医にお尋ねください。

 保存的治療には、安静、頚椎外固定、牽引(けんいん)療法(持続・間欠)、薬物療法(内服剤・外用剤)、神経ブロック療法(頚部硬膜外ブロック、頚部神経根ブロックなど)、物理療法(電気療法、マイクロ波など)、温熱療法(ホットパック、レーザーなど)、運動療法(等尺性抵抗運動、ストレッチングなど)があります。毎日リハビリ通院しているようですから、このような療法を行われていると思います。そのほかに、日常生活では、適度な全身運動を取り入れ、体全体の緊張を和らげるのもいいと思います。基本的には脊椎に負担をかけない正しい姿勢を心掛けてください。注意すべきは、うたた寝など頚の不良姿勢、反り返った位置(歯科治療、美容院の洗髪などでの背屈位)は症状を悪くすることがあり、頚や肩の痛みがある時は無理をしないでください。

 また、枕が当たって痛みを感じているようですが、筆者は硬めの布団にタオルを用いて頚部全体に当たるようにさせ、仰臥位(ぎょうがい)や側臥位になった時に枕の高さを変え、楽な姿勢(頚椎の正常な湾曲が保てる姿勢)になるように勧めています。不明な点については、近くの整形外科専門医にお尋ねください。


徳島新聞2003年5月11日号より転載

© TOKUSHIMA MEDICAL ASSOCIATION.