徳島県医師会 トップページへ

  • 文字サイズ標準
  • 文字サイズ拡大
文字サイズ変更について
県民の皆さまへ

  こどもが感染症で学校を休んだ時、何時から幼稚園や学校に行かせたら良いのか迷われることがある。おもな伝染性疾患の出席停止の基準を紹介すると、

イ ン フ ル エ ン ザ=解熱の後、2日を経過するまで。

 は    し    か =解熱した後、3日を経過するまで。

 お た ふ く か ぜ  =耳下腺の腫れが消失するまで。

風  疹 (3日はしか)=発疹が消退するまで。

   水     痘   =すべての発疹が痂(か)皮化するまで。

溶 連 菌 感 染 症 =解熱し、治療開始後、2日以上経過するまで。

伝染性膿痂疹 (とびひ)=病巣が乾燥するまで。

ヘルパンギーナ・手足口病・りんご病は感染予防は難しい。
 つまりヘルパンギーナと手足口病は感染期間が3~5週と長いため、自覚症状が軽くなれば登園が許可され、りんご病は感染期間は5~7日だが、発疹のでる頃には、もう感染しないといわれこれも登校停止の意味はない。有熱期間を過ぎれば登園・登校が可能である。

  • 感染症について
  • 研修医募集のお知らせ
  • 広報出版物
  • 東日本大震災に関する情報
  • 徳島県医師会は混合診療解禁に反対です
  • 徳島県医師会公益通報窓口について
© TOKUSHIMA MEDICAL ASSOCIATION.