徳島県医師会 トップページへ

  • 文字サイズ標準
  • 文字サイズ拡大
文字サイズ変更について
県民の皆さまへ

 うんちについての相談は多い。特に赤ちゃんのうんちは個人差、性状のバリエーションが大きく、回数、色調などが栄養法や、月齢によっても変化する。今回は正常と思われるる「うんち」についてまとめてみよう。

1. うんちの回数や硬さ

 新生児期ではほ乳の回数と同じ回数程度の排便がある。生後1~2カ月くらいになると、次第に少なくなり、1日1~3回前後から数日に1回程度の場合もある。生後5カ月ごろに離乳食が始まると、再び回数が増え2~3回となる。しかし、個人差が大きく1日4回以上の子もいるし、1日1回とか数日に1回の子も少なからずいる。何日も便が出ないから便秘症というわけでもない。

2. うんちの色

 赤ちゃんの便は黄色や橙色と思っている人が多いようだが、実際には茶色、モスグリーン、黄色とグリーンが混じっているなど、様々である。また完全母乳栄養では橙色、混合栄養や人工栄養では緑色、グレーがかった色にもなり、栄養法によっても異なる。便に少量の粘液や白い粒々が混じることがあるが、元気で食欲があり、一般状態のよいときは全く心配はない。

  • 感染症について
  • 勤務医・研修医の皆様へ
  • 広報出版物
  • 東日本大震災に関する情報
  • 徳島県医師会は混合診療解禁に反対です
  • 徳島県医師会公益通報窓口について
  • 健康経営優良法人2019の認定を受けました。
© TOKUSHIMA MEDICAL ASSOCIATION.